単身赴任時代の浮気

単身赴任時代の浮気

 私が38歳から単身赴任を初めて40歳になった時の浮気でした。家内はそのとき38歳になっていて、2人の娘も高校生、中学生でした。浮気相手は単身赴任先のマンションのそばの定食屋でアルバイトしていた22歳の女子大生でした。

 私自身があまり自宅で自炊するようなこともなく、外食が多かったので当時良く通っていた定食屋があってそこで働いていたのが彼女です。彼女からするとわたしのような単身赴任の男性を見るたびになんとなく哀愁を感じていたようです。しかし、わたしのように声をかけてくる男性はいなかったということでした。なんとなくわたしも彼女が同情の念でいつも見つけてくれていることがわかっていたのでそれとなく声をかけるようになり、お茶でもしようかということになったのがきっかけでした。

 私は年齢も離れているので最初はちょっとした暇つぶしにお話しできればというくらいで考えていたのですが、彼女自身が年上の男性にひかれるところがあって、少しずつ関係が深まっていきました。たまに私の部屋に来てくれては若い割にはびっくりするような料理を作ってくれる彼女にひかれていたのは言うまでもありません。月に2回から3回のペースでこうした部屋でのデートを中心に行うようになりました。

 今思うと40前の男性には本当に幸せな出会いだったと思います。10か月程度こうした関係が続きましたがまったく家内にも気づかれませんでした。距離が離れていてまず部屋に来ることもなかったからです。そして、単身赴任解消。彼女も就職することになり、自然に別れとなったわけです。お互いに楽しい時間を過ごしてということでなんの遺恨もなく別れた次第です。

↑ PAGE TOP