あと腐れの無い浮気でした

あと腐れの無い浮気でした

 浮気相手の彼女を知り合うきっかけとなったのは、彼女が23歳の新卒で入社してきたときのことでした。私は36歳で小さな運送会社の部長をしており、彼女は経理として入ってきました。明るくてハキハキとしており、人懐こく、人から嫌われる要素が無いように見える彼女。仕事は人一倍真面目で、早く仕事を覚えたいからと就業時間を終えても残っていました。思えばその時から惹かれるものがあったのかもしれません。

 私には35歳の妻がおり、子供は2人、当時は3歳と3ヶ月でした。妻の家族の要望で、私は妻の実家にマスオさんの様に住んでいる状態でした。当然つまの両親もいる訳で、気は遣うし、落ち着かないしでストレスは日々溜まっていました。彼女の入社により、彼女にちょっかいをかけて話すことや、キラキラとした笑顔を見ることが心の安らぎとなっていっていました。ですが彼女とどうこうなろうと思ったことはありませんでしたよ。いくら年の差のあるお付き合いが珍しくなくなってきた世の中とはいえ、私はそこまで若い子を可愛いとは思っても手を出す気にはなりませんでした。結婚していますし、そんなこと言えた立場じゃなかったですし。

 でもそんな自分の価値観が覆される時がやってきました。残業をしていて特に遅くなった日、彼女も偶然残業で遅くなり、ちょうどオフィスを出ようと準備していたんです。親切心が湧いて、車で家まで送って行くよと声をかけたんです。彼女は、迷惑になるからと断ったのですが、家と同じ方向だったのが分かり、送ることになりました。

 彼女の住むアパート前で降ろしたら、良かったら上がっていってくださいと言われました。若い女の子にそう言われて、断る理由もなく部屋に入りました。お茶をもらって話していると、突然彼女に結婚していても好きだと告白され、抱きつかれました。結果、勢いでやる事はやってしまいました。久しぶりのトキメキと、可愛い上に都合のきく彼女を手に入れ、私の日々はバラ色でした。

 妻には残業だと伝え、彼女の部屋に通いました。いつも残業していたので、浮気は疑われる事はありませんでした。そんな暮らしが2年ほど続きましたが、彼女は海外で仕事をしてみたいと、会社を辞めてカナダへいってしまいました。それを機に僕たちの関係はあっさりと終わってしまいました。切ない終わり方でしたが、これで良かったのかもしれません。

↑ PAGE TOP